アラサーが超大企業からベンチャーに転職して後悔した3つのこと

アラサーが超大企業からベンチャーに転職して後悔した3つのこと

ベンチャー/スタートアップの実態
Sponsored

サク田です。

近年、ベンチャーやスタートアップ界隈が盛り上がってきて、大企業から転職を考えている方も多いはず。

自分自身、規模として超がつくほどの大企業からベンチャー企業に転職したし、周りを眺めてみても、商社や銀行、名だたる企業からベンチャーに転職してきた人は多い。

ただ、盛り上がっている分、勢いで転職してしまったり、あまり知識がないエージェントの言われるがままに転職先を決めてしまったりすることもあって、それはキャリアにとってマイナスでしかない

あなたにとってできる限り良い選択をとってもらえるように、自分自身の経験からベンチャー/スタートアップ転職で後悔したポイント、失敗談と注意点についてお伝えします。

ベンチャー/スタートアップへの転職で経験した後悔と失敗

年収が下がった

正直年収は下がりました。元の年収にもよりますが、数十万から百万程度の変化は覚悟しておいた方がいいです。

ただ、ベンチャーやスタートアップ業界の興隆、界隈への優秀な人材の流入もあいまって、業界の平均的な給与はかなり上がっています。

また、入社してからも自身の昇進や会社自体の成長に伴う昇級の機会は十分にあります。例えば、国内のBtoB SaaSの雄であるSmartHRは、昇給実績を公開しており、下手したら日系の大企業より大きい昇給幅かもしれません。

SmartHR 採用サイトより

また、入社タイミングが早いほど、インセンティブやストックオプションの付与等で有利になる場合もあるため、多少の一時的な年収減が許容できるのであれば、一方的に損するという場合だけではなさそうです。

業務の幅が広すぎて、スペシャリストになるのは難しい

これはアーリーやシリーズA〜Bフェーズのスタートアップ、かつビジネス職でいえることですが、スペシャリストとしてキャリアを進めるのは難しいです。

スタートアップには当然十分な人的リソースがなければ、大企業のようにどんどん業務をアウトソースするわけにも行きません。

とはいえ、規模が拡大して分業が進むに連れて、スペシャリストとしてのキャリアを選択することも可能ですし、急成長に自分が貢献する実績は大きいです。

自分で知識を得る必要がある

ベンチャー企業やスタートアップには、研修や教育が十分に整備されていないことが多いです。また、全員が事業を前に進めるためのプレイヤーとしての役割が求められるため、自分自身で知識を吸収しながら対応していく必要があります。

ただ、よく考えるとこれはどのような環境でも本来必要なことで、ベンチャーやスタートアップにおいてはスピード感が求められるため、自分自身の成長スピードも高まることになります。

後悔と失敗を避けるためにやるべきこと

後悔しないために重要なのは、事前の情報収集です。ベンチャー企業やスタートアップに失敗する理由のほとんどは「よく調べずにイメージ先行で選択してしまっていること」に尽きます。

そのための対策を記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください。

ベンチャー/スタートアップ転職の失敗の9割は防げる
最近、大企業からベンチャー企業やスタートアップに転職するケースが増えてきました。 大型の資金調達やユニコーン企業がメディアでもてはやされるようになり、大企業の看…
venture-tensyoku.com